Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Documentary film screening in Kamagasaki!

Documentary film screening by NDS
in 41st Kamagasaki overwinter survival struggle in 2010 Dec-2011 Jan.


<From Kamagasaki---- think about Okinawa, Korea, Zainich—Korean and other ethnic residents in Japan>
Now winter is coming and we are preparing for a series of screenings in overwinter survival struggle in Kamagasaki!
The theme of this screening is rethinking about people’s history/herstory that has been hidden in the shadow. We have an intent to oppose exclusionism which is widespread in our society by screening old precious works in Kamagasaki.

1.jpg


<Schedule> *All screenings are Free!

12/28 Tue. @ Sankaku Kouen (Triangle park)
19:00 Blast wind, turning time

12/29 Wed. @Furusato no ie →
10:00 Children of Korea
10:50 The Announcement of Park Chu-ja’s Real Name
--break time--
15:00 Hot and Long Youth
15:40 One act play, One scene—Display of Okinawans
18:20 Repatriation

12/30 Thr. @Furusato no ie
10:00 The Announcement of Park Chu-ja’s Real Name
11:00 As a Flower in 1985
--break time--
14:30 Children of Korea
15:30 Repatriation

12/31 Fri. @Furusato no ie
11:00 As a Flower in 1985
13:00 Free from Animosity and Living in Jodo

1/3 Mon. @Furusato no ie
13:30 Free from Animosity and Living in Jodo
15:30 Hot and Long Youth
16:05 One act play, One scene—Display of Okinawans

<Works>
“Blast wind, turning time” (Kazekkurai Toki sakashima)
JAPAN / 1979 / Japanese / color / 88min.
Director: Tetsurou Nunokawa
Production: Masaaki Hiraoka, Tomiko Sugiura
Performers: Kyokuba-Kan (Castle of Feat of Horsemanship), Showa-Guntouden( Showa Thieves’ story), Jigoku-no-Tenshi( Angel of Hell)
――Legendary theatrical group “Castle of Feat of Horsemanship=Kyokuba-kan” was going around in Japan, stopping Sanya, Kamagasaki, Koza, Abashiri in this film.
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/planet1/nunokawa/nunokawa.html
--------------------------------------------

“Children of Korea” (Chosen no ko)
JAPAN / 1955 / Korean, Japanese / monochrome / 35mm / 30min.
Director: Hideo Arai, Takahide Kyogoku
Production Committee: PTA of Korean residents’ schools, Korean residents’ educators association, “Children of Korea” Production Committee, Korean residents film makers group.
Source: Chongryon Film Studio.
――“ We can study our language and our geography, our history owing to our fathers and mother’s struggles and efforts, in order to become fine Korean.” This film was based on compositions written by students.
---------------------------------------------------

“The Announcement of Park Chu-ja’s Real Name”(“Irumu/Namae: Paku Chuja san no honmyo sengen”)
JAPAN / 1983 / Japanese / Color / 16mm / 50 min
Director, Script: Takizawa Rinzo
Producer: Shin Ki-soo
Production Company: Visual Culture Association
Source: Irumu/Namae Production Committee
――Park Chu-ja, a second-generation zainichi, joined the anti-Vietnam war movement at her university, where she fell in love with the Japanese chairman of the student union. After much hesitation, she made her Korean origins known and announced her real name. Because of that name, however, she was rejected in employment exams. As the movement called “The committee to think about the Park Chu-ja issue” expanded its network, the staff who worked on Korean Envoys to Japan During the Edo Period (1979), including Shin Ki-soo, Takizawa Rinzo, and Takaiwa Hitoshi, began working on this film to record the steps taken toward ethnic independence.
Source: http://www.yidff.jp/2005/cat085/05c098-e.html#t1

-----------------------------------------------

“Hot and Long Youth—from a Testimony of Okinawa”(Atsui Nagai Seishun—Aru Okinawa no Syogen kara)
JAPAN / 1972 / Uchina-guchi, Japanese / TV works / 30min.
Director: Katsu Moriguchi
――This work filmed Okinawa had been “returned” to Japan 3 months later. However, the changes of Okinawa society was price inflation and increase of tourists, while U.S military bases weren’t taken away. The main character was Yasuo Uchima, he had been wanting strongly to return Okinawa from U.S to Japan.
http://www.cyber-rabbit.com/katsu/
------------------------------------------------------

“One act play, One scene—Display of Okinawans”(Ichimaku Ichiba, Okinawa Jinruikan”
JAPAN / 1978 / Uchina-guchi, Japanese / TV works / color / 25min.
Director: Katsu Moriguchi
――In 1903, two Okinawan people forced to display as a show in 5th National Industrial Exhibition held in Osaka. That display was called Jinruikan. In addition to the case of Okinawan, there were other displays in the exhibition such as Ainu, Taiwanese…the peoples had invaded by Empire of Japan in the period.
http://www.cyber-rabbit.com/katsu/
--------------------------------------------------

“Repatriation”(송환)
South Korea / 2003 / Korean (with Japanese script) / 35mm / 148min.
Director: Kim Dong Won
――The films mentioned above, to no surprise, are primarily concerned with the time that the prisoners of conscience spent in jail. However Repatriation begins as the men are released from prison, focusing on their efforts to adapt to South Korean society and their campaign to be repatriated to North Korea. By starting his documentary at a time when most news agencies were switching off their cameras, director Kim Dong-won gives us a rare insight into the complete story of these men and how their lives have been shaped by their convictions.
(Source :http://koreanfilm.org/docs.html#repatriation
Official site: http://cine.co.jp/soukan/index.html
Other information: http://asiasociety.org/arts-culture/film/kim-dong-wons-film-north-korean-prisoners-held-south-korea
--------------------------------------------------

“As a Flower in 1985”(1985nen, Hana de arukoto)
JAPAN / 2010 / Japanese / color / 75min.
Director: Kim Song Il
Jo Sui Ching, Chinese residents 2nd-generation in Japan, had been struggling against fingerprinting system and hoping to become the bridge linking between various ethnic groups and Japanese society. This film focuses her life.
http://www.geocities.jp/hanran9/hanade.htm
--------------------------------------------------------

“Free from Animosity and Living in Jodo(Pure-Land)(Han wo toite, Jodo wo ikiru)
JAPAN / 2010 / Japanese / color / 85min.
Director: Masahiro Nishiyama
This film focuses on current situation of Okinawa. Friendship between sculptor, Minoru Kinjou and a U.S. marine whose origin is Mexican, demonstration in front of Official residence of Prime minister, Okinawa people’s big convention…
http://www.shiminren.org/iwakuni/nisiyama-profile.html


Sankaku kouen(Triangle Park)

大きな地図で見る

Furusato no ie

大きな地図で見る

NDS上映会のお知らせ――41回釜ヶ崎越冬闘争

2010年 第41回釜ヶ崎越冬闘争 ドキュメンタリー上映会
「釜ヶ崎から―沖縄・朝鮮・在日―を考える!」



41回釜ヶ崎越冬闘争において、上映会を開くことになりました。
近隣の方はぜひお越しください。

◆◆◆◆◆ 以下転送、転載、大歓迎です。◆◆◆◆◆

2010年 第41回釜ヶ崎越冬闘争 ドキュメンタリー上映会
「釜ヶ崎から―沖縄・朝鮮・在日―を考える!」

<上映スケジュール> ※全作品無料上映!■12月28日(火) 三角公園にて
19:00 風ッ喰らい時逆しま ※野外上映!

1.jpg


■12月29日(水) ふるさとの家にて
10:00 朝鮮の子 
10:50 イルム 朴秋子さんの本名宣言 
―休憩―
15:00 熱い長い青春 ある沖縄の証言から 
15:40 一幕一場・沖縄人類館
18:20 送還日記 

■12月30日(木) ふるさとの家にて
10:00 イルム 朴秋子さんの本名宣言
11:00 花であること
―休憩―
14:30 朝鮮の子
15:30 送還日記

■12月31日(金) ふるさとの家にて
11:00 花であること 
13:00 恨を解いて、浄土を生きる
 
■1月3日(月) ふるさとの家にて
13:30 恨を解いて、浄土を生きる
15:30 熱い長い青春 ある沖縄の証言から
16:05 一幕一場・沖縄人類館 
<※上映終了後関西沖縄文庫・金城馨さんにお話を聞きます>

なお、三角公園では18:40よりがじまるの会による空手、島唄、エイサーが行われます。

-----------------------

■「差別され抑圧された沖縄人、被差別部落民、在日韓国・朝鮮人、障がい者。抑圧と差別を受けてきた歴史を引き継いできた、我々子孫というのは先人から受け継いだ抵抗の遺伝子が進化する。だから沖縄を苛めて苛めて、なお苛めるというのだったら、私が死んだ後も子や孫たちが抵抗してゆく魂を進化させるのだ…」
※沖縄在住の彫刻家、金城実(映画「恨ハンを解いて、浄土を生きる」より)

■釜ヶ崎の労働者のみなさん。そして、釜ヶ崎越冬闘争を支援するすべてのみなさん。今年も残りわずかになり、越冬闘争の季節がやって来ました。今年は、沖縄米軍基地をめぐる与党民主党の迷走に始まり、尖閣諸島(釣魚島)などをめぐる領土問題、延坪島での軍事的衝突による北朝鮮脅威論の広まり、それらは誤った歴史修正主義と排外主義とをまねき、ついに朝鮮学校の生徒たちだけを高校無償化から排除するという深刻な差別にいたりました。また沖縄では、ヤマトによる差別と米軍基地の押しつけに対する怒りの声が、踏みにじられ続けています。テレビや新聞、インターネットなどで大量に流される情報は、それを見る者の批判的精神を完全に麻痺させ、憎悪と敵意を煽りながら、アジアを忘却した日
本中心主義の溢れ出る「日本人」の物語づくりに終始しています。そのような状況に抗するために、私たちNDS=中崎町ドキュメンタリースペースは、夏祭りでの「彷徨する魂を追う!」に続いて、「沖縄、朝鮮、そして在日」をテーマにしたドキュメンタリー映画上映会を釜ヶ崎越冬闘争の現場で行うことにしました。

■日本の学校教育やマスメディアは、沖縄戦の記憶をアジア諸民族の苦難の歴史につながるものとしてではなく、日本本土を守るための壮絶な闘い、崇高な犠牲という「神話」に仕立て上げました。ウチナンチュの記憶は、戦乱や緊張にうずまくアジアの人々の歴史体験に連なるものではなく、忘却と隠蔽を余儀なくされてきました。また、済州島において、沖縄戦の渦中、「第二の沖縄」として本土防衛に備え、全島要塞化を行うために、約7万人の日本軍とそれに加え済州島の住民が動員されたという事実、さらに解放後の米軍制下で4・3事件が引き起こされたという悲劇の歴史はほとんど知られることがありません。(4・3事件とは1948年4月3日、米軍制下において南北分断につながる単独選挙に反対して済州島で
起こった民衆蜂起。約3万人の人々が犠牲になった。)

■日本の米軍基地の75%が、本土のわずか0.6%の沖縄に集中している事実や、本土の二倍ともいわれる失業率はどうして生み出されるのでしょうか。沖縄の米軍基地は韓国の米軍基地、平沢(ピョンテク)、群山(クンサン)、そして済州島に建設されようとしている韓国海軍基地にも直結し、北朝鮮、中国、中近東やその他の紛争地域と分かち難く結びついています。米軍基地は、中国や北朝鮮を威嚇して東アジアの無用な緊張を招き、米軍用機が、韓国の群山(クンサン)直島(チョクド)の爆撃場などで訓練し、イラクやアフガニスタンへと民衆を虐殺するために出撃していくのです。(イラク戦争の死者は10万9千人を数え、うち6万6千人は民間人=ウィキリークスが大量の資料を公表)

■朝鮮学校の無償化問題においても、朝鮮と日本の関係史、在日朝鮮人の歴史を忘却し、阪神教育事件の再来のように在日朝鮮人の民族的アイデンティティーを育む民族教育を弾圧しようとしています。ふたつの祖国に分断され引き裂かれた在日の一方の立ち位置を断ち切れと強要することは、引き裂かれた在日の実存そのものが断ち切られることを意味するのです。日本軍「慰安婦」問題に象徴されるように、韓国強制併合から100年が経過した現在もかつての日本帝国主義が残した植民地被害の傷跡は癒されることなく、歴史の闇へと忘却、隠蔽されていくのでしょうか。

■今、戦前、戦後を貫く東アジアにおける国家権力による過酷な暴力に晒された民衆の記憶をひとつひとつ紡ぎ、そして現在的な問題意識へと切り結んでいく歴史的な視点が必要とされているのではないでしょうか。今回、多くのみなさんのご協力により、そのためにふさわしい8本のドキュメンタリー作品が無償で提供され、ここ釜ヶ崎の「ふるさとの家」で上映できることになりました。沖縄、朝鮮、在日そして釜ヶ崎のことを、ドキュメンタリーを観ながら、断絶されたそれぞれの歴史を現在につながる記憶を継承する民衆の歴史として、世代を超えて、ここ釜ヶ崎から、語り合いたいと思います。

2010年暮 41回目の釜ヶ崎越冬闘争にて   
NDS=中崎町ドキュメンタリースペース

kyokubakan 2.jpg



<作品紹介>
『風ッ喰らい時逆しま』(監督布川徹郎/1979年/88分/カラー)
伝説の芝居集団『曲馬館』が山谷、釜ヶ崎、コザ、網走を駆け抜け国家の方位磁針を乱すかのように日本の均質化した風景をよじれさせる。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/planet1/nunokawa/nunokawa.html

『朝鮮の子』(製作:朝鮮の子制作委員会、在日朝鮮映画人集団、提供:総聯映画製作所/1955年/32分/モノクロ)
「僕たちはお父さんやお母さんのおかげで、僕たちの国の言葉や地理、歴史を習っています。立派な朝鮮人になるためです。」この映画は当時の生徒の作文をもとに作られた。

『イルム 朴秋子さんの本名宣言』(監督滝沢林三/1983年/50分/カラー)
在日朝鮮人二世の朴秋子さんは本名宣言を行ったが就職差別にあう。民族意識の自覚を内面から描く。
http://www.yidff.jp/2005/cat085/05c098.html

『熱い長い青春 ある沖縄の証言から』(ディレクター森口豁/1972年テレビ作品/30分)
日本「復帰」三ヶ月後の沖縄。復帰して変わったのは物価高と観光客の増加、変わらなかったのは膨大なアメリカ軍の基地。復帰を切に願っていた主人公内間安男の心の変化を追う。
http://www.cyber-rabbit.com/katsu/

『一幕一場・沖縄人類館』(ディレクター森口豁/1978年テレビ作品/25分/カラー)
 沖縄の劇団「創造」が演じる「人類館」1903年大阪内国勧業博覧会で二人の「沖縄人」が見世物として陳列された。
http://www.cyber-rabbit.com/katsu/

『送還日記』(監督金東元/2003年/カラー)
 南北分断を経て1992年刑務所から出てきた老人―彼らは北のスパイだった。監督は彼らを北に送還させる運動に参加しつつ、最長で45年にわたり服役した彼らを人間味ある日常生活から描きだす。
http://cine.co.jp/soukan/index.html

『1985年・花であること 聞き取り華僑2世徐翠珍的在日』(監督金成日/2010年/75分/カラー)
徐翠珍(じょすいちん)さんは在日華僑2世。この日本社会を多民族共生の架け橋にしたいと願う徐さんの半生を記す。
http://www.geocities.jp/hanran9/hanade.htm

『恨を解いて、浄土を生きる』(監督西山正啓/2010年/85分/カラー)
「ゆんたんざ未来世」シリーズ第三弾は辺野古現地から始まり、チビチリガマ、恨(ハン)之碑、アメリカ本国でホームレスだったというメキシコ系米海兵隊員と彫刻家・金城実との交流、総理官邸前の抗議行動、県民総決起大会、6月23日沖縄慰霊の日に来沖した菅直人首相に抗議する人々、ラストは沖縄戦で亡くなった民間人の骨塚でもある「魂魄の塔」。
http://www.shiminren.org/iwakuni/nisiyama-profile.html

<地図>
三角公園

大きな地図で見る

ふるさとの家

大きな地図で見る

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Kさん、釈放されました!!

Kさん、釈放されました!!
오늘, 그는 석방되었습니다!!
Mr.K has been released!!

報告が遅くなりましたが、9月1日の11時に釈放されまました。流石にちょっと疲れた声でしたが、ホッと落ち着いている様子だったそうです。

Kさんから一言もらっています。

「突然でびっくりした。何が何か分からんかった。外との連絡が一切なかったから弁護士から救援会のことを伝えてもらったときとても勇気づけられました」

 

"This sudden release made me surprised. i could not grasp my situation

immediately. as there was no contact with outside of the jail, when the

lawyer told me about comrades who worked for saving me, their activities

encouraged me so much."

今後も裁判闘争をふくめて活動していきます。
ご注目よろしくお願いします!
→Free K!
http://d.hatena.ne.jp/FreeK/

8月22日(日)、ドキュメンタリストであるKさんが不当に逮捕されました!これに対して救援活動がはじめられています。ぜひ賛同とカンパのご協力をお願いいたします!

<以下、転送転載大歓迎!!!>

ここまできた不当弾圧!表現者Kさんの即時釈放を求める

発起人:NDSとKさんの即時釈放を求める会(Free K!)

 8月22日(日)、わたしたちの仲間であり、NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)のメンバーであるKさんが、突然来た公安三課の刑事により暴力的に身柄を拘束され、逮捕されてしまい、同時に家宅捜索に入られるという事件が起きました。また、翌日朝には扇町公園にある、釜ヶ崎パトロールの会の現地本部と、人民新聞社の編集部に対し家宅捜索が入りました。警察発表では、逮捕の理由として、「免状不実記載」(免許証の住所記載と現住所が異なる)と、「賃貸契約に関しての有印私文書偽造」(いままでの契約書類に書いていた保証人の名前を、更新時に継続して書いてしまっただけ!)があげられており、他二箇所の家宅捜索は、Kさんが立ち寄った場所だという無茶苦茶な理由でおこなわれました。このような「微罪」を理由として逮捕し勾留するという、公安警察によるいやがらせは、あまり知られていませんが、社会運動に関わる人々を萎縮させるために行なわれる手段として、常套化してきた手法であり、このような明らかな国家権力の濫用、政治的弾圧が私たち表現者にも及んできました。現在の時点(2010年8月24日)で、Kさんは兵庫県警本部に身柄を移され、また、勾留延長と接見禁止がついており、私達と会えない状態がつづいています。

Kさんはドキュメンタリー映画をつくる表現者として、また在日朝鮮人二世という立場から、自身、日雇い労働者として釜ヶ崎に身をおきながら、日本という国家が隠し、封じ込めてきたさまざまなもの、人々をカメラに映し暴き、照らし出してきました。例えば、釜ヶ崎の日雇い労働者の住民票が大阪市によって一斉に削除されたことに対するたたかいを描いた「釜の住民票を返せ!」(2010)では住民票がないことから選挙権をも剥奪される状況を映し出しましたが、Kさん自身は在日朝鮮人であるがゆえに選挙権がありません。それにもかかわらず、住民票の運動に寄り添って記録を続けてきました。

その他にも釜ヶ崎や大阪市内の公園で毎年取り組まれている越冬闘争、長居公園における野宿者テント村の強制排除の記録「長居公園に大輪の舞台が立った」(2008)、あるいは自身のルーツに連なる済州島での「4.3事件」の集会の記録や、韓国の民主化闘争を現在に伝えるマダン劇の記録、さらに現在は大阪市桜ノ宮にあり、つい最近立ち退きにあった、在日朝鮮人の女性たちの祈りと伝承の場、龍王宮の最後の記録を編集している途上でした。しかし、これらのものを撮影した貴重なテープ・表現物はすべて、警察が奪い去っていきました。このことの意味は重く、表現者に対して仕掛けられた国家による攻撃であり、許されることではありません。

さらに、Kさんは、今年7月、日本政府と大林組を相手に原告となり、裁判を起こしたばかりであり、今回の逮捕は、表現の自由に対する弾圧であると同時に、この裁判に対する政治的弾圧であると、私達は考えています。裁判はKさんの働いていた現場で雇い主から、突然、日本名を名乗ることを強制されたことに抗議して、起こしたものです。日本という国家が植民地支配の過程で、天皇制による支配の下、朝鮮民族に日本名を名乗らせ、「皇国臣民」として生きることを強制したという歴史に対する無理解と無反省の中で行なわれたものであり、日本社会の中で在日朝鮮人として、本名で生活を行なえる当然の権利を勝ち取っていくための裁判です。いまだ、在日朝鮮人に対する根強い差別が残る中、また、戦争や植民地支配の歴史が風化していく中で、非常に重要な問題提起としてあるものです。今後、勾留期間が長引くと、9月16日(第二回公判)に予定されている裁判の公判が、本人不在のまま行なわれることになり、そのようなふざけた状況がまかりとおってしまうことは絶対に許すことはできません。

【皆さんへのお願い】

私達は、Kさんの身柄の即時釈放を要求します。また、強奪したすべてのテープ・表現物の返還を求めます。その天真爛漫な人柄により、私達を勇気付けてくれたKさんの釈放を求めて、応援のメッセージと救援カンパをよろしくお願いします!皆さんのご協力と、圧倒的な注目を今後もお願いします!

*本人が、完全黙秘中だという事情を考慮し、名前は伏せてあります。

――――――――――――――――――――――――

この呼びかけに対する個人・団体での賛同を求めます(メッセージはKさんへ差し入れするとともに、ブログにアップロードさせていただきます)。

<名前(あれば肩書きなども)>

<公表> 可能・不可能

<メッセージ>

カンパ振込先郵便振替口座 00940-5-79726(加入者名:釜ヶ崎医療連絡会議)

*通信欄に「フリー・K」と明記してください。今後の弁護士費用など、何かと必要になりますので皆さんのご支援のほどうぞよろしくお願いします。

【連絡先】

釜ヶ崎医療連絡会議 大阪市西成区太子2-1-2 

電話:06-6647-8278(大谷隆夫)

090-9166-7294 (NDS そら)

メール:nds-2010osakaあっとhotmail.co.jp(あっとを@に置き換えて送信ください)

ブログ Kさんの即時釈放を求める会(Free K!)ー8.22弾圧救援会ブログ

http://d.hatena.ne.jp/FreeK/

【呼びかけ団体】
釜ヶ崎医療連絡会議、釜ヶ崎パトロールの会、自由労働者連合、釜ヶ崎夏祭り実行委員会、釜ヶ崎日雇労働組合、KDMLフィルム・ソサエティ

釜ヶ崎で上映!!

第39回釜ヶ崎夏祭りドキュメンタリー上映会
「彷徨する魂を追う」
2010年8月12日~15日


 暑い日々が続きますが、今年も釜ヶ崎に39回目の夏祭りがやってきました。今回、初めての試みで、「ふるさとの家」にて自主製作のドキュメンタリーの自主上映会を催すことになりました。

 今、ドキュメンタリーとは何なのか?1970年代…ヴェトナム反戦、学生運動、復帰前のOkinawa、密航する在韓被爆者、復帰後のオキナワ、台湾原住民、ミクロネシア、建国100年のアメリカ――そして列島を横断する芝居集団「曲馬館」からパレスチナへと――。地とボーダーとを横断し越境する民(難民・棄民・移民)をドキュメントしつづけたNDU(日本ドキュメンタリストユニオン)の作品群7本を軸に、NDS(関西若手ドキュメンタリスト集団)の作品群6本、合計13本を一挙上映いたします。

「カメラは常に民衆の前で解体されていく――」これは25年前に「寄せ場」で創られたドキュメンタリーの現場で発せられた言葉です。私たちもかつてのフィルム時代に行なわれていた集団制作を行なうことを通し、グループ内での議論や互いの作品の批評をしあうことによって、制作段階からより社会に開かれた表現をしていきたいと思っています。また、映画は特権的な一部の制作者だけが創るものではありません。観客との対話を重ね、より開かれた「現場の力」に依拠しながら自主制作活動と自主上映運動とを一体としたものとして発展していきたいと思います。ご高覧、そして協働し参画ください。

第39回釜ヶ崎夏祭りに関しては→
http://kamanichi.exblog.jp/14908030/

**********************************************************

☆☆三角公園よこ ふるさとの家にて一挙上映!!
前夜祭12日19:00より三角公園にて野外特別上映!!
「沖縄エロス外伝・モトシンカカランヌー」

<スケジュール>
12日(木)
10:00 空っ風~千里開発・RCの陰謀
11:40 パレスチナ76-83 パレスチナ革命から我々が学んだこと
13:45 長居青春酔夢歌
19:00 沖縄エロス外伝・モトシンカカランヌー(三角公園にて)

13日(金)
10:00 中村のイヤギ
11:30 鬼ッ子 闘う青年労働者の記録
13:10 釜の住民票を返せ!

14日(土)
10:00 bastard on the border 幻の混民族共和国
11:40 遺言なき自死からのメッセージ
12:40 風ッ喰らい時逆しま

15日(日)
10:00 倭奴へ 在韓被爆者・無告の二十六年
11:10 ヒバクシャとボクの旅
12:20 アジアはひとつ


******************************************************************





   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。