Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://karasunazenakuno.blog29.fc2.com/tb.php/5-781cd711

トラックバック

コメント

[C1] 待望

ぜひいきたいと思っています。
鑑賞の料金をご案内ください。何本でも見放題になるのでしょうか?
  • 2010-04-28 19:52
  • らら
  • URL
  • 編集

[C2] No title

ありがとうございます!

料金については、当日は一作品につき1000円、前売り1回券800円、3回券2400円、フリーパス8000円になります。前売り券、フリーパスについてはシネ・ヌーヴォにお問い合わせください。(e-mail:info@cinenouveau.com)

会場でお会いするのを楽しみにしております。
  • 2010-04-29 05:36
  • NDS
  • URL
  • 編集

[C3] NDUとNDSの感想

大阪発のドキュメンタリーがはっきり言って熱い!
5月の連休は大阪のシネノーヴオに行き、NDU(日本ドキュメンタリストユニオン)とNDS(中崎町ドキュメンタリースペース)の上映会『彷徨する魂を追う』の一部を見に行きました。
最初は、先月開催された、宮下公園での上映会で音がよく聞き取れなかった佐藤零郎監督の「長居青春酔夢歌」を再度見よう程度だったのですが、作品を見ているうちにのめり込み、結局4日間で9本みることになりました。
特に注目すべきは、早稲田大の自治会から出発し、60年代後半からNDUの中核的メンバーだった布川徹郎氏の作品群で、国鉄の合理化阻止闘争から新宿騒乱までを描いた「鬼っ子」(1969年)から始まり、沖縄の売春婦、米兵に密着した『モトシン・カカランヌー』(71年)、その直後、台湾の出稼ぎ労働者を追跡するうちに台湾奥地の元日本帝国軍人だった高地民族の群れに迫る『アジアは一つ』(73年)、さらに釜山の韓国人被爆者にののしられながら日本人の責任について肉薄する『倭奴へ』(71年)、そして日系移民を追っているうちにベトナム帰還兵、黒人、イスラム教徒、インディアンが混在するアメリカの矛盾に迫る『バスタード』など、対象に極限まで迫ったドキュメンタリーの問題作ばかり。はっきりいって70年代ドキュメンタリーの前衛的な部分を担った、これらの作品は何故かドリュメンタリーの歴史から半ば黙殺されていたようですが、土本、小川に匹敵する作品群だと思われます。そして、この布川の指導の下に近年活動を始めたNDSも、若手作家を集め、撮影対象と格闘しようという前向きな意志に満ちた作品が多く、長居以外にも父の自殺を見つめ直して、その先にある普遍的な「自殺」という事象と正面から対決する『遺言なき自死からのメッセージ』、空港開設で追い出される在日韓国人のコミュニティの生活と歴史を描いた『中村のイヤギ』、大規模デベロッパーであるリクルートコスモスから強制執行を受けた千里が丘団地の住民達が、現実に執行人から追い出される瞬間を描いた『空っ風』では、最後に被写体の住民と決裂したNDSの撮影隊みずからがアパートの一室に立てこもり、強制代執行の人々と勝手に戦うというトンでもない映画です。はっきり言ってみんなテクニックは下手ですが思わず見てしまう勢いがある。いやあ、大変勉強になりました。

[C4] No title

東京からわざわざ観に来ていただき、ありがとうございます!!

自分たちで言うのはなんですが、いま大阪、ほんとに熱いです!
今日から後半戦に入りました。より多くの方々に観ていただきたいと思っています。
まだのお方はぜひいらしてください!

  • 2010-05-10 15:17
  • NDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上映スケジュール

上映日程の詳細

5/1(土)
A 空っ風 13:00〜14:30
J bastard+対談 14:50〜16:50 
B 遺言 17:10〜18:10  
G モトシン 18:30〜20:00

5/2(日)
F 鬼っ子 13:00〜14:30
C 長居+対談 14:50〜16:20
D 中村 16:40〜18:00
I アジア 18:20〜20:10

5/3(月)
L 風っ喰らい 13:00〜14:30
B 遺言+対談 14:50〜16:20
A 空っ風 16:40〜18:10
J bastard 18:30〜20:00

5/4(火)
H 倭奴へ 13:00〜14:00
C 長居 14:20〜15:30
X 雲の上 15:50〜18:20
Z FURUSATO+対談 18:40〜20:00

5/5(水)
I アジア 13:00〜14:50
D 中村+対談 15:10〜16:50
H 倭奴へ 17:10〜18:10
E 住民票+対談 18:30〜20:00

5/6(木)
K パレスチナ 13:00〜14:50
G モトシン 15:10〜16:40
F 鬼っ子 17:00〜18:30
E 住民票 19:00〜19:50

5/7(金)
B 遺言 13:00〜14:00
L 風っ喰らい 14:20〜15:50
K パレスチナ 16:10〜18:00
C 長居+対談 18:30〜20:00

5/8(土)
A 空っ風 13:00〜14:30
B 遺言 15:00〜16:00
D 中村 16:20〜17:40
Y へばの+対談 18:00〜20:00

5/9(日)
G モトシン 13:00〜14:30
A 空っ風+対談 14:50〜16:20
F 鬼っ子 17:10〜18:40
C 長居 19:00〜20:10

5/10(月)
E 住民票 13:00〜13:50
K パレスチナ 14:20〜16:10
J bastard 16:30〜18:00
B 遺言+対談 18:30〜20:00

5/11(火)
F 鬼っ子 13:00〜14:30
L 風っ喰らい 15:00〜16:30
E 住民票 17:00〜17:50
H 倭奴へ 19:00〜20:00

5/12(水)
A 空っ風 13:00〜14:30
I アジア 14:50〜16:40
H 倭奴へ 17:00〜18:00
D 中村+対談 18:20〜20:10

5/13(木)
B 遺言 13:00〜14:00
K パレスチナ 14:20〜16:10
I アジア 16:30〜18:20
E 住民票+対談 18:40〜20:00

5/14(金)
J bastartd 13:00〜14:30
L 風っ喰らい 14:50〜16:20
A 空っ風 16:40〜18:10
G モトシン 18:30〜20:00


*対談は日本ドキュメンタリストユニオン(NDU)の布川徹郎と中崎町ドキュメンタリースペース(NDS)の各監督の対談を予定しています。また、5月4日の「FURUSATO 2009」の上映後は、「空族」の富田克也さん、相澤虎之助さんに新作「サウダーヂ」についてお話を聞きます。さらに5月8日「へばの」の上映後は、木村文洋監督とNDSのメンバーとの対談を予定!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://karasunazenakuno.blog29.fc2.com/tb.php/5-781cd711

トラックバック

コメント

[C1] 待望

ぜひいきたいと思っています。
鑑賞の料金をご案内ください。何本でも見放題になるのでしょうか?
  • 2010-04-28 19:52
  • らら
  • URL
  • 編集

[C2] No title

ありがとうございます!

料金については、当日は一作品につき1000円、前売り1回券800円、3回券2400円、フリーパス8000円になります。前売り券、フリーパスについてはシネ・ヌーヴォにお問い合わせください。(e-mail:info@cinenouveau.com)

会場でお会いするのを楽しみにしております。
  • 2010-04-29 05:36
  • NDS
  • URL
  • 編集

[C3] NDUとNDSの感想

大阪発のドキュメンタリーがはっきり言って熱い!
5月の連休は大阪のシネノーヴオに行き、NDU(日本ドキュメンタリストユニオン)とNDS(中崎町ドキュメンタリースペース)の上映会『彷徨する魂を追う』の一部を見に行きました。
最初は、先月開催された、宮下公園での上映会で音がよく聞き取れなかった佐藤零郎監督の「長居青春酔夢歌」を再度見よう程度だったのですが、作品を見ているうちにのめり込み、結局4日間で9本みることになりました。
特に注目すべきは、早稲田大の自治会から出発し、60年代後半からNDUの中核的メンバーだった布川徹郎氏の作品群で、国鉄の合理化阻止闘争から新宿騒乱までを描いた「鬼っ子」(1969年)から始まり、沖縄の売春婦、米兵に密着した『モトシン・カカランヌー』(71年)、その直後、台湾の出稼ぎ労働者を追跡するうちに台湾奥地の元日本帝国軍人だった高地民族の群れに迫る『アジアは一つ』(73年)、さらに釜山の韓国人被爆者にののしられながら日本人の責任について肉薄する『倭奴へ』(71年)、そして日系移民を追っているうちにベトナム帰還兵、黒人、イスラム教徒、インディアンが混在するアメリカの矛盾に迫る『バスタード』など、対象に極限まで迫ったドキュメンタリーの問題作ばかり。はっきりいって70年代ドキュメンタリーの前衛的な部分を担った、これらの作品は何故かドリュメンタリーの歴史から半ば黙殺されていたようですが、土本、小川に匹敵する作品群だと思われます。そして、この布川の指導の下に近年活動を始めたNDSも、若手作家を集め、撮影対象と格闘しようという前向きな意志に満ちた作品が多く、長居以外にも父の自殺を見つめ直して、その先にある普遍的な「自殺」という事象と正面から対決する『遺言なき自死からのメッセージ』、空港開設で追い出される在日韓国人のコミュニティの生活と歴史を描いた『中村のイヤギ』、大規模デベロッパーであるリクルートコスモスから強制執行を受けた千里が丘団地の住民達が、現実に執行人から追い出される瞬間を描いた『空っ風』では、最後に被写体の住民と決裂したNDSの撮影隊みずからがアパートの一室に立てこもり、強制代執行の人々と勝手に戦うというトンでもない映画です。はっきり言ってみんなテクニックは下手ですが思わず見てしまう勢いがある。いやあ、大変勉強になりました。

[C4] No title

東京からわざわざ観に来ていただき、ありがとうございます!!

自分たちで言うのはなんですが、いま大阪、ほんとに熱いです!
今日から後半戦に入りました。より多くの方々に観ていただきたいと思っています。
まだのお方はぜひいらしてください!

  • 2010-05-10 15:17
  • NDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。